Create
Learn
Share

Pre-1st grade Kanji 2

rename
atsushi's version from 2017-02-05 09:00

Reading

Question Answer
ひたぶる
うすぎぬ
あく。石鹸のこと。
轡首ひしゅ
冴寒ごかん
薬匙やくし
篦竹のだけ
茜紅せんこう
汲桶きゅうとう
わざおぎ。手振りや足踏みで面白おかしい技をして、歌い舞い楽しませる人を意味し、神を招く技をなすこと。
すわえ。木の枝や幹からまっすぐ伸び出た、若く細い小枝。
邇言じげん。卑近で通俗的な、だれにでもわかりやすいことば。
蒜果さんか。にんにくのこと。
親串しんかん。親しくすること。
匝旬そうじゅん。十日間。
熟柿じゅくし。 よく熟して柔らかくなったカキの実。
胡粉ごふん。顔料のひとつ。
戎金えびすがね。使えないお金。偽金。
巽与そんよ。へりくだって慎み深く、人にさからわないことば。
禽縦きんしょう。捕らえたりのがしたりすること。
薬叉やくしゃ。威力ある神として崇められたヤクシャが仏教にとり入れられたもの。
芋粥うしゅく。いもがゆのこと。
鉤距こうきょ。つりこんで内情をさぐり出すこと。
鎌利れいり。鋭利な鎌。
采女うねめ。天皇や皇后に近侍し、食事など、身の回りの雑事を専門に行う女官のこと。
亨通こうつう。順調な,すらすら運ぶ。
椎破ついは。叩いて破ること。
蛤柱こうちゅう。蛤の貝柱。
牡蠣ぼれい。
鍍金めっき
掩蔽えんぺい
煎督せんとく。きびしく督促する。
俄頃がけい。しばし、しばらく。
彼此ひし。あれとこれ。
撞入どうにゅう。突進すること。
巽言そんげん。優しい言葉。
召還しょうかん。(派遣した者を)呼びもどすこと。
巽位そんい。東南の方角。たつみ。
衣桁いこう。着物などを掛けておく家具。
播植はしょく。種をまいたり、苗を植えつけたりすること。
光耀こうよう。光り輝くこと。また、そのもの。
怯夫きょうふ。臆病者。懦夫(だふ)。
沓石くついし。礎石の上、柱や縁の束柱(つかばしら)の下に据える石。根石(ねいし)。礎盤(そばん)。
砧声ちんせい。砧声は砧を打つ音
貰赦せいしゃ。 罪をゆるめる。刑罰を軽くすること。
董督とうとく。監督して正すこと。とりしまること。
熔鋳ようちゅう。溶かして鋳にはめること。
蚤起そうき。朝早く起きること。
頗僻はへき。かたよること。
周匝しゅうそう。 まわりをとりまくこと。また、そのまわり。すみずみまでゆきわたること。
紙鳶しえん。凧のこと。
朔塞さくさい。北方のとりで。
綾子りんず。しゅす織りの地にその裏組織で地紋を織り出した絹織物。織りあげたのち、精練する。
老杉ろうさん。
菅薦すがこも。スゲで編んだむしろ。
木犀科もくせいか。
神垣かみがき。
たね。
memorize

Writing

Question Answer
かるかや刈萱
ほうちゅう。台所のこと。庖厨
でんぽ。(2通り)田圃、田畝
けんちゅう。薄地の平織物。繭紬
あばた痘痕
かんし。いさめて思いとどまらせること。諫止
そうせい。多くの人々。人民。蒼生
いっちょう。拳銃の数え方。一挺
かんぼく。詩文。また、それを作ること。書画をかくこと。広く、文学に関すること。翰墨
鋸をひく挽く
じんぜん。なすこともなく、段々に月日がたつさま。物事がはかどらず、のびのびになるさま。荏苒
とれつ。 大勢の人が垣のように横に並んで立つこと。堵列
ほうちょう。鳳凰のこと。鳳鳥
けいこつ。かるがるしいこと。軽はずみなこと。また、そのさま。軽忽
(ハズ)だ。
(カブラ)の種をまいた蕪・蕪菁
則天武后は(スイレン)の政を行った。垂簾
(ハ)まった。塡(嵌 1級)
(トボ)けて言った。惚(恍 1級)
しんきゅう。施し物をして貧民や被災者などを救うこと。賑救
くんせん。よい感化を受けること。また、与えること。薫染
えいりょ。天子のお考え・御意向。叡慮
かいさい。残らずすますこと。皆済
memorize

常用漢字表外読み

Question Answer
(イラ)だつ。
(ナイガシ)ろ
(ガンゼ)ない子ども頑是
(センカク)は鶴の雅称仙客
侘びと(サ)び。
香を(タ)いています。薫・炷
芋を(フ)かして食べる
その仕事に命を(カ)ける。
(スキ)を凝らした造りの家だ。数寄・数奇
(シカン)がかなって登城した。仕官
(コンコン)と諭された。懇懇
(マイソウ)の空気を吸い込む。よあけ、あかつきのこと。昧爽
(ヒンピン)と火災が発生する。頻頻
議員の不正に(コウフン)を覚える。公憤
志を抱いて(キョウカン)を出る。郷関
市街地の(ケンペイリツ)を役所に尋ねる。建蔽率
きかん。行動の基準となるもの。亀鑑
せっこう。敵軍の動静・地形などをひそかに探り監視するために、部隊から差し向ける(少数の)兵。斥候
じょくせ。末世。現世。濁世
おうせき。過ぎ去った昔。いにしえ。往昔
しょうちょう。勢いが衰えることと盛んになること。消長
がいはく。学問や知識の範囲がきわめて広いこと。該博
かくちく。互いに争うこと。競り合い。角逐
唐の都に(なぞら)えて作る。准える
memorize

訓読み 1

Question Answer
捷つかつ
拶るせまる
侃いつよい
佃すたがやす
尖いするどい
伍ついつつ
遼かはるか
杭るわたる
釦るかざる
董すただす
舛くそむく
禄いさいわい
禽りいけどり
穿るほじる
嬬いよわい
涜すけがす
迺ちすなわち
瞥るみる
姶いみめよい
畢くことごとく
茸るしげる
蚤いはやい
猷るはかる
匝るめぐる
蔭うおおう
稔るみのる
鵠いしろい
迄ぶおよぶ
磐るわだかまる
灌ぐそそぐ
蕃るしげる
摸るさぐる
幡るひるがえる
叉すさす
欽むつつしむ
檮かおろか
瀕るせまる
樵るきこる
饗すもてなす
唖うわらう
婁ぐつなぐ
迂るまがる
托むたのむ
扮るかざる
杓うしゃくう
晋むすすむ
寵むめぐむ
娩むうむ
緬かはるか
斡るめぐる
memorize

訓読み 2

Question Answer
屯むなやむ
瀆るあなどる
倖うへつらう
屑いいさぎよい
蕩くうごく
翫る(2通り)あなどる、むさぼる
恢いひろい
托くおく
諏るはかる
頗るかたよる、すこぶる
註すときあかす
鞭つむちうつ
駈るかる
甫めはじめ
塙いかたい
僑るやどる
些しすこし
劉すころす
巽るゆずる
阜かゆたか
攪すみだす
渥ううるおう
膏えるこえる
沓なるかさなる
沙げるよなげる
伶しいうつくしい
蝉しいうつくしい
苑がるふさがる
李めるおさめる
稗かいこまかい
綜べるすべる
脹れるふくれる
按えるおさえる
娃しいうつくしい
毘けるたすける
曝えるさらばえる
牢しいさびしい
仔えるたえる
燦らかあきらか
荏らかやわらか
碍えるささえる
焔えるもえる
竣わるおわる
凱らぐやわらぐ
鬱がるふさがる
套ねるかさねる
叩えるひかえる
蕪れる(2通り)あれる、みだれる
淘げるよなげる。米を水に入れてゆすってとぐ。
遁みするしりごみする
memorize

訓読み 3

Question Answer
簸るひる。箕  で穀物をあおって、くずを除き去る。
邇いちかい
佼しいうつくしい
寓せるよせる
函れるいれる
歎えるたたえる
穎れるすぐれる
輯らぐやわらぐ
祁いにおおいに
繍しいうつくしい
memorize

extra way to read

Question Answer
ひとや。牢屋のこと。
すえ
すじ
さし
かく
くさび
けづめ
あらがね
いかずち
とき、ものいみ
徒(3通り)あだ、ともがら、かち
序(2通り)はしがき、まなびや
偶(3通り)たまたま、たぐい、ひとがた
資(3通り)たち、もと、たから
椎つうつ
済うすくう
干すおかす
負くそむく
為るつくる
累るしばる
伐るほこる
略すおかす
爽うたがう
転るうつる
寅むつつしむ
寧ろねんごろ
間ううかがう
害いわざわい
稽るとどこおる
退るしさる、すさる
疾む(2通り)やむ、にくむ
熟れるなれる
戚えるうれえる
偉れるすぐれる
稽めるとどめる
存えるながらえる
潤びるほとびる。水けを含んでふくれる。ふやける。
一片の雲ひとひらのくも
残なうそこなう
脂下がるやにさがる
亡うまなう
memorize

同音異義

Question Answer
(ロウコ)| 水時計にーを使う。| ーたる城郭を築く。| ーの如くむさぼる。漏壺 | 牢固 | 狼虎
(ガジョウ)| 天子はーで出御された。| 保守のーを崩した。|錦絵のーを操る。駕乗 | 牙城 | 画帖
(カンボク)| ーな石仏が野辺に佇む。| 上等なーの道具を揃える。| 高山にーが這う。簡朴 | 翰墨 | 灌木
(ツ)| やっと一息ーいたところだ。| 田圃は一面ーきになった。吐 | 水漬・浸
memorize

antonym

Question Answer
桁行梁間
順守:法律・教えなどに従い、それをよく守ること。逆取:正しくない手段によって取ること。
顕貴:高い位にあること、その人。微賤:身分や地位が卑しいこと。
奇福:思いがけない幸福。奇禍:思いがけない災難。
雄飛雌伏
金玉土芥
安閑孜孜
狭量大度。度量の大きいこと。
微賤貴顕。身分が高く、名声のあること。また、その人。
進捗凝滞。とどこおって進まないこと。
不遜謙抑。へりくだって控えめにすること。
円満圭角。言動・性格などに人と融和しないとげとげしさがあること。
弊習淳風。人情がこまやかで素朴な風習。良風。
memorize

synonym

Question Answer
総説汎論
融和懇親
凶悪悪逆
吉兆。めでたいことの起こりそうなしるし。吉事の前兆。吉相。奇瑞。めでたいことの前兆として現れる不思議なしるし。
閑居。世俗から離れて、心静かに暮らすこと。また、することがなくて、いたずらに日を送ること。幽棲。俗世間から離れてひっそりと暮らすこと。また、その住居。
億劫。めんどうで気が進まないさま。大儀。疲れなどのために何をするのもおっくうなこと。
悠揚。ゆったりとして落ち着いているさま。従容。ゆったりと落ち着いているさま。
怨恨。うらむこと。また、うらみ。意趣。恨む心をもつこと。また、その心。遺恨。
堪能。深くその道に通じていて巧みなこと。また、その人。かんのう。練達。熟練して、その道によく通じていること。
逆上。興奮のあまり分別を失うこと。激昂。怒って、激しく興奮すること。げきこう。
怒濤。激しく荒れる大波。激浪。荒く激しい波。
招来。ある状態や結果を招くこと。惹起。事件や問題を引き起こすこと。
親睦。親しみ合うこと。仲よくすること。友誼。友としての情愛。友達のよしみ。友情。
鄭重。心がこもって応対が手厚いこと。懇到。きわめて丁寧で行き届いていること。また、そのさま。懇篤。懇切。
乱脈。秩序が乱れて筋道が立たないこと。蕪雑。雑然と入り乱れていること。整っていないこと。
催促。早くするようにと、急がせること。煎督。きびしく督促する。
俄頃。少しの間。たちまち。暫時。しばらくの間。少しの間。
memorize