Create
Learn
Share

Dermatology4

rename
mizuki19951012's version from 2016-11-01 01:00

Section

Question Answer
細菌による疾患4つブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、トキシショック症候群、トキシショック様症候群、丹毒
ウイルスによる疾患4つと治療水痘、尋常性疣贅、伝染性軟属腫、ジアノッティ病
真菌による疾患2つ足白癬、皮膚カンジダ症
ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群の治療抗生剤投与
トキシショック症候群の治療抗生剤投与
トキシショック様症候群の治療抗生剤(大量ペニシリン)投与・デブリドマン
丹毒の治療抗生剤投与
水痘の治療抗ウイルス薬投与
尋常性疣贅の治療冷凍凝固術
伝染性軟属腫の治療つまみどり
ジアノッティ病の治療B型肝炎治療
足白癬の治療抗真菌薬外用
皮膚カンジダ症の治療抗真菌薬外用
夏季に主に黄色ブドウ球菌が原因でびらん、痂疲を生じる。子供に好発する。水疱性伝染性膿痂疹
黄色ブドウ球菌が産生する表皮剥奪毒素が原因で起こる。ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
糖尿病などの基礎疾患のある人に好発し、時に致死的となる重症の軟部組織感染症。壊死性筋膜炎、フルニエ壊疽、ガス壊疽
単純疱疹の好発部位口唇と陰部
アトピーに合併しやすく、高熱を伴いびらん、小水疱が多発する。HSVによる。カポジ水痘様発疹症
水痘と同じウイルスで生じ、片側性に痛みを伴う皮疹が生じる。帯状疱疹
尋常性疣贅の好発部位手足
陰茎、陰唇、肛囲に好発し、HPVが原因となる。尖圭コンジローマ
足白癬や皮膚カンジダ症の診断に必要。検鏡、KOH法
しばしば老人施設で発症するヒゼンダニの感染症。疥癬
色素性母斑と悪性黒色腫の鑑別ABCDEルール(形が不対象、辺縁不鮮明、色調に濃淡あり、比較的大きい、表面隆起)
脂漏性角化症(好発部位)顔面
グロームス腫瘍(好発部位)
血管腫に属する皮膚悪性腫瘍5つ単純性血管腫、被殻血管腫、いちご状血管腫、海綿状血管腫、毛細血管拡張性肉芽腫
ボーエン病(好発部位)とくになし、全身にできる
ボーエン病(色)紅色調。
乳房パジェット病(好発部位)乳頭
乳房外パジェット病(好発部位)外陰部
乳房外パジェット病(色)紅色調
日光角化症(好発部位)顔面
日光角化症(色)紅色調
基底細胞癌(好発部位)顔面
基底細胞癌(色)黒色調
悪性黒色腫の主な4つの臨床病型末端黒子型、悪性黒子型、表在拡大型、結節型
悪性黒色腫(好発部位)足底
悪性黒色腫(色)黒色調
血管肉腫(好発部位)高齢者は頭部、若年者は掌蹠
生命を脅かす可能性のある薬疹2つスティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死融解症
スティーブンス・ジョンソン症候群とは多型滲出性紅斑に粘膜症状を伴う
中毒性表皮壊死融解症スティーブンス・ジョンソン症候群の重症型
全身性強皮症で陽性になる抗核抗体3つ抗トポイソメラーゼI抗体、抗セントロメア抗体、抗RNAポリメラーゼ抗体
抗トポイソメラーゼ抗体の臨床症状びまん性皮膚硬化+間質性肺炎など 重症型の指標
抗セントロメア抗体限局皮膚硬化+肺高血圧症など
抗RNAポリメラーゼ抗体びまん性皮膚硬化+強皮症腎クリーゼなど
口唇裂・口蓋裂合計の発生頻度1/500
口唇裂の治療時期生後三ヶ月頃
口蓋裂の治療時期1歳頃
口唇裂手術の目的整容面
口蓋裂手術の目的鼻咽腔閉鎖機能と発音機能の回復
顎裂手術の目的正常な歯列
口唇口蓋裂の治療で大口蓋動静脈を茎として2つの粘膜骨膜弁を挙上して縫合する方法プッシュバック法
顔面裂の分類をしたひとテシエ
頭部早期癒合症で矢状縫合が早期癒合するとどうなるか舟状頭
拍動を触れ、疼痛や出血など症状が進行することが多い血管奇形動静脈奇形
memorize