Create
Learn
Share

1st grade On-yomi 3

rename
atsushi's version from 2018-10-10 23:08

Memorized

Question Answer
愧赧きたん。恥じて顔を赤くすること。赤面 (せきめん) 。
一盞いっさん。1 一つのさかずき。2 1杯の酒や水。また、それを飲むこと。
縲絏/縲紲るいせつ。罪人として捕らわれること。
煎熬せんごう。1. 汁がなくなるまで煮つめること。2 製塩で、海水、または海水を濃厚にして得た鹹水(かんすい)を煮つめて塩を製すること。
奕奕えきえき。1 非常に美しいさま。2 光り輝くさま。
撃柝げきたく。 拍子木を打ち鳴らすこと。また、打ち鳴らす人。
玳瑁・瑇瑁たいまい。海がめの一種。体長一メートルに及ぶ。熱帯産。甲羅をべっこう細工にする。
岑岑しんしん。頭などがずきずき痛むさま。
呶呶どど。くどくどしくいうこと。
操觚そうこ。詩文を作ること。文筆に従事すること。
邀撃ようげき。わが望む所まで敵を来させてから(全軍で)迎え撃つこと。
懐孕かいよう。妊娠のこと。
擠陥せいかん。悪意を持って罪に陥れること。
肆廛 してん。みせ。商店。店舗。
膏腴こうゆ。地味が肥えていること。また、そういう土地や、そのさま。
寧馨児ねいけいじ。すぐれた子。神童。麒麟児(きりんじ)。
げ。仏の功徳をほめたたえる詩。
墳塋ふんえい。墓。墓場。
戡定かんてい。勝って乱をしずめること。
数炷すうしゅ。組香の一。
譎詭けっき。いつわりあざむくこと。譎詐(けっさ)。2 変わること。また、 奇異なこと。
奎文けいぶん。文物。文学。文教。
黜陟ちゅっちょく。功の有無により、官位を上げ下げすること。
説懌えつえき。しこりがほぐれて喜ぶ。
鳧脛ふけい。カモの脛(はぎ)の意。
懿旨いし。太皇太后・皇太后・皇后の命令。
椽大てんだい。たるきほどの大きさ。
誠愨せいかく。まごころ。誠実。
苞苴ほうしょ。わらなどを束ねて、野菜・魚などの食品を包んだもの。つと。 あらまき。2 みやげもの。3 賄賂(わいろ)。
爺娘やじょう。父母の俗称。
瞿然くぜん。驚いて見るさま。驚いて顔色を変えるさま。
紅裙こうくん。紅色の着物の裾。
俛首ふしゅ。頭を伏せること。
捐館えんかん。高貴な人の死去をいう語。
泛泛はんぱん。水に浮かび流れただようさま。
東瀛とうえい。古代中国において、仙人の住むという東方の三神山(蓬莱/方丈)の一つを意味し、転じて日本を指す雅称。
搢(縉)紳しんしん。明代後半期から中国革命に至る時期の中国における地方の支配層。
警柝けいたく。注意をうながすために打つ拍子木。
上廁じょうし。便所にはいること。
醵金きょきん。ある目的のために金を出し合うこと。
婚娶こんしゅ。夫婦の縁を結ぶこと。結婚。
厭飫えんよ。食べあきる。 また、あき足りる。満足する。
し/にえ。手土産。礼物。
溝洫こうきょく。田畑の間にある溝。
警蹕けいひつ。1. 昔、天皇の出入、貴人の通行、神事などの際、先払いが掛け声を掛けて、人々をいましめたこと。その声。2. 
神殿のとびらをあける時などに、神職が出す「おお」という声。
巉巌ざんがん。切り立った険しいがけ。高くそびえた岩。
筓するかんする。かんざしを髪にさす。
そ。古代の乳製品。牛や羊の乳を煮つめたもの。
糶売ちょうばい。貯蔵してある米を時機をみて売り出すこと。また、その米。
泯滅びんめつ。ほろんで無くなること。
擺脱はいだつ。取り去ること。除き去ること。
傅育ふいく。身分の高い人の子に付き従って大切に育てること。
奕葉えきよう。世を重ねること。世々。
蒼朮そうじゅつ。シナオケラの根茎。漢方で、利尿・解熱・健胃薬などに用いる。
籌策ちゅうさく。はかりごと。
九竅きゅうきょう。人や哺乳(ほにゅう)動物の体にある九つの穴。
左衽さじん。衣服を左前に着ること。昔、中国では夷狄(いてき)の風俗とした。
鶉衣 じゅんい。継ぎはぎだらけの衣。みすぼらしい衣服。
戛戛かつかつ。堅い物どうしが触れ合う音。また、その音を立てるさま。
遠巒えんらん。遠くに見える山々。遠山。
嬖臣へいしん。お気に入りの家来。寵臣。
鏗鏗こうこう。鐘の音などが鳴りわたるさま。
刪潤さんじゅん。詩文の不要な部分や悪い部分をけずって、足りないところを補足すること。
瓊葩けいは。宝石のように美しい花。
赧然たんぜん。恥じて顔の赤くなるさま。赤面するさま。
扛鼎こうてい。青銅の器を持ち上げること。
斫断しゃくだん。たちきること。
機杼きちょ。はたを織る用具。
牙籌がちゅう。昔、中国で計算に用いた象牙製の数取り。 2 そろばん。
衙府がふ。役所。官庁。 官衙。
遐陬かすう。都から遠く離れた片田舎。僻地。
丘垤きゅうてつ。蟻塚のこと。
疇昔ちゅうせき。過去のある日。昔。また、昨日。
妖孽ようげつ。あやしい災い。また、不吉なことが起こる前ぶれ。
簒逆さんぎゃく。臣下が主君に逆らい、その位を謀略によって奪い取ること。
詆毀ていき。そしること。けなすこと。
婀娜あだ。女性の色っぽくなまめかしいさま。
英雋えいしゅん。すぐれる。抜きんでている。
賚賜らいし。賜ること、またそのもの。
夐絶けいぜつ。はるかに遠くへだたっている。
燮理しょうり。やわらげおさめること。調和させて整えること。
輟食てっしょく。食事を途中でやめること。
儁傑しゅんけつ。すぐれてひいでる、又其の人。
貽訓いくん。のこす。伝えのこす。
炷香しゅこう。
胎孕たいよう。みごもること。
賻儀ふぎ。金品を贈って葬儀を助ける。また、そのおくりもの。
鄙吝ひりん。いやしくてけちなこと。
長嘶ちょうせい。いななくこと。
麤笨そほん。あらくておおまかなこと。武骨なこと。
覘望てんぼう。遠くからようすをうかがうこと。
memorize

音読み Memorized 2nd time

Question Answer
蕩滌とうでき。みそぎのとき人の背に水をかけ、これを草や木の枝を束ねたものなので洗う意。
朝暾ちょうとん。 朝日。朝陽。
鏗錚こうそう。玉や鐘、琴などの鳴り響くようす。
竈煙そうえん。かまどの煙。
七竅しちきょう。人の顔にある七つの穴。
弊竇へいとう。弊害となる点。欠陥。
邨醸そんじょう。地酒のこと。
廟謨びょうぼ。廟堂のはかりごと。朝廷の政策。
僉議せんぎ。多人数で評議すること。また、その評議。衆議。
軒輊けんち。上がり下がり。高低。転じて、優劣・軽重・大小などの差があること。
糧餉りょうしょう。兵糧。かて。糧食。
焼燬しょうき。焼くこと。焼き払うこと。
大纛たいとう。軍中で用いる大きな旗。また、天子の乗り物の左に立てる旗。2天皇のいる陣営。大本営。
溘焉こうえん。にわかであるさま。人の死についていう。
聿修いっしゅう。先祖の徳を修めること。
欸乃あいだい。ギーギーという櫓のきしる音
尠少せんしょう。非常に少ない・ こと(さま)。
浚渫しゅんせつ。水底をさらって土砂などを取り除くこと。
嬋姸せんけん。あでやかで美しいさま。
均霑きんてん。等しく利益にうるおうこと。
鑿井さくせい。石油や地下水などの採取・探査のために井戸を掘ること。ボーリング。
慴伏しょうふく。おそれひれ伏すこと。勢力におそれて屈服すること。
memorize

音読み 3

Question Answer
棗脩そうしゅう。いわゆるお土産。
昊天こうてん。1 夏の空。2 広い空。大空。
窓櫺そうれい。窓の小さい格子。れんじ。
奸黠/姦黠かんかつ。悪賢いこと。また、そのさま。
夐然けいぜん。①はるか。とおい。
推鞫すいきく。罪状を取り調べること。
舅姑きゅうこ。婿の父母
哂笑しんしょう。ばかにしてわらう。あざわらう。
棣鄂ていがく。庭梅の花のがくが寄り添っているさま。
延袤えんぼう。土地の広さ、 大きさ。
螽斯しゅうし。キリギリス。
耦語ぐうご。向かい合ってひそひそ話す。
しゅう。①くき。いわあな。山のほらあな。 ②みね(峰)。山のいただき。
提撕ていせい。師が弟子を奮起させ導くこと。特に禅宗で、師が語録や公案などを講義して導くこと。
貂裘ちょうきゅう。貂の毛皮で作った衣服。身分の高い人が用いる。
罪咎ざいきゅう。つみととが。罪科。
一甕いちおう。瓶のこと。
闔国こうこく。全国、挙国。
棺椁かんかく。遺体を納める箱。
垢膩こうじ。あかとあぶら。
鶏鶩けいぼく。鶏や家鴨
喞喞しょくしょく。虫のしきりに鳴くさま。また、悲しみ嘆くさま。
遺孼いげつ。① 父の死後に残された子供。わすれがたみ。 ② 滅亡した家の血すじをひくもの。残党。
罅隙かげき。裂け目。 割れ目。亀裂。
噴嚔ふんてい。くしゃみのこと。
memorize

音読み 4

Question Answer
凶歉きょうけん。農作物が著しく不作であること。
鈕釦ちゅうこう。ボタンのこと。
嶷然ぎょくぜん。高く抜きん出たさま。
連甍れんぼう。軒が連なること。
大旆たいはい。日月と昇竜・降竜とを描いた大きな旗。昔、中国で、天子または将軍が用いた。2堂々たる旗印。
偏諱へんき。貴人などの二字名の中の一方の字を忌(い)み避けること。
庠序しょうじょ。郷校を中国周代では「庠」、殷(いん)代では「序」といったところから》学校。
芟除(さ/せ)んじょ。刈り除くこと。また、よくないものを取り除くこと。 8
げき。隙の古字体。
豺狼さいろう。やまいぬとおおかみ。2 残酷で欲深い人。むごたらしいことをする人。
淬礪さいれい。刀などを鍛えるとき、質を硬くするため、赤く熱して急に水を入れること。
愆戻けんれい。あやまち。また、法にそむいて罪を犯すこと。
燔書はんしょ。書物に火をつけて、燃やしてしまうこと。
勍敵けいてき。強い敵。
肄業いぎょう。
鐫録せんろく。心に深く刻んで記憶すること。
搴旗けんき。敵の旗を抜き奪いとること。
舂炊しょうすい。穀物を臼でつき、飯を炊くこと。
遒勁しゅうけい。書画・文章などの、筆勢が力強いこと。
窘迫きんぱく。困ること。困窮。
擣碪とうちん。きぬたをうつ。「擣砧」とも。
屯蹇ちゅんけん。物事が思うように運ばないで悩むこと。
懋戒ぼうかい。つとめて身をつつしむこと。
浹洽しょうこう。広く全体にゆきわたること。 24
memorize